2017年5月27日土曜日

アンドラ出張 - 世界不動産連盟FIABCI







こんにちは、アンナです。
世界不動産連盟(仏文略称FIABCI-Federation Internationale des Administrateurs de Biens Conseils Immobiliers)の世界大会に出席の為に、現在、アンドラ(Andorra)という国に来ています。
日本を含め、世界中の不動産屋がアンドラに集まっています
アンドラの子供たち
一番左は、NYのKeller Williams RealtyのYuriko Andersonさんと♫ 私も所属するRe agentのメンバーです
アンドラは、ピレネー山脈東部に位置し、フランスとスペインに国家で、国土面積は468km2(金沢市の面積くらい)の小さな国で、首都はアンドラ・ラ・ベリャです。経済の中心は観光業で、EUには非加盟ですがユーロを使うことができ、レストランではスペイン語とフランス語が書いてあります。
どこを見渡しても山です
アンドラまでの行き方は、空港がない国なので、スペインかフランスからバスになります。私は、出張などスケジュールがいっぱいだったので、カンボジアから成田に戻り、そのまま羽田に移動、パリに少し滞在し、パリからトゥールーズ(フランスの南西部)へ移動、そこからバスで3.5時間かかってやっと到着!という1人で長い長い道のりでした。

パリでは、フォンダシオン ルイ・ヴィトン(パリにあるルイ・ヴィトン財団の美術館)に行きました。
パリの友人たちに会えて楽しい時間でした
Fondation Louis Vuitton
凱旋門は、トゥールーズに移動する前の早朝で、車のいない綺麗な写真が撮れました!

最後に、今回の出張について少し真面目な話をしますと、不動産屋の情報交換会や表彰の他に、「スマートシティー」を勉強する為でもあります。日本で少し聞くスマートホームは、太陽光パネルをはじめとする省エネ(構造設計や高機能素材による性能改善)の印象が強いのではないでしょうか。
メインテーマは「スマートハウス」
海外でのスマートシティやスマートビルの意味合いは、省エネの意味合いの含みますが、更にはあらゆる建物の中にセンサー設置をすることで、人々の通行量など、多様なデータを収集します。また、スマートフォンやPCなどを使用し、全ての環境の操作を出来るようにします。それを、ビックデータ化することで、即分析し、ビルや住まいの環境や収益性を快適でリアルタイムで適当な操作を加えることが出来るようになります。海外では、既にディベロッパーや建築家が主体となって実績を作り、それを共有出来る段階にあります。
フランスの有名な建築家 Jean Nouvel(ジャン・ヌーヴェル)氏。カルティエ現代美術財団や日本で電通本社ビルを手がけています。
例としてスーパーマーケットでロボットが生野菜を詰めたり、会計したりする動画がありました。SF映画のような環境が、当たり前になっている日がそう遠くないかもしれません。
滞在中は綺麗な空気で、ヨーロッパの夏日が続いています


2017年5月18日木曜日

カンボジア-ANA全日空、羽田線開設に意欲






こんにちは、アンナです。

最近のプノンペン ー 成田便が、昔より混んでいると感じています。羽田ももしかしたら、、、という記事を発見。直行便が出来ただけでも、嬉しいですが、羽田空港はさらに嬉しい!カンボジア行きを検討されている方と、以下のような会話を何度もしています。


お客様:直行便あるよね?何時間?
私:はい、ANAでだいたい6時間くらいです
お客様:羽田?
私:成田です
お客様:成田かーーー、、、、
私:昔は、乗換えて行っていたので、直行便が出来ただけでもありがたいのです、、、


カンボジア、20年に日本人35万人へ-全日空、羽田線開設に意欲
一部引用:
カンボジア王国観光省と駐日カンボジア王国大使館はこのほど、「カンボジア観光ロードショー」を開催した。来日した同国観光大臣のトン・コン氏は、冒頭の挨拶で「昨年9月に全日空(NH)が成田/プノンペン線を開設し、両国の人的交流が強化された」と喜びを述べるとともに、「2020年には世界から700万人、日本からは35万人がカンボジアを訪れることを期待したい」と話した。16年にカンボジアを訪問した日本人旅行者数は前年比0.9%増の19万3330人。17年は23万人をめざし、プロモーションを強化する方針だ。

さらに、トン氏は本誌の取材に応え、「日本人はアンコールワットが好きだが、プノンペンも観光に最適」と強調し、訪問先の多様化をはかる考えを語った。同局の日本事務所を担当するオーバーシーズネットワークによると、今年はアンコールワット観光の拠点となるシェムリアップに加え、直行便のあるプノンペン、リゾート地のシアヌークビルや周辺の島々など、「シェムリアップ以外も観光地として旅行会社の皆様と販売を促進していきたい」考え。研修ツアーも実施する計画だ。

なお、日本事務所は昨年8月からグリーントラベルが担当していたが、同社は今年の6月で会社を精算するため、オーバーシーズネットワークが5月から業務を引き継いでいるという。

このほか、ロードショーではカンボジア王国観光省副長官のソ・ヴィソティー氏がプレゼンテーションを実施し、観光地やイベント、入国に必要なビザの取得方法などについて説明した。同氏は本誌の取材に応え、日本旅行業協会(JATA)をはじめ旅行会社から、入国に必要なビザを廃止するよう要望されていることに触れ、「廃止を前向きに検討している」と話した。


羽田便が実現したら、嬉しいですね!

写真は関係ないですが、先月、エメラルド倶楽部にて、桂由美先生のランチ会「桂由美先生のフォーマルドレスの着こなし方」でした

乃木坂の桂由美先生のビル2階のカフェです。桂先生が、起業当時まだ事業が赤字の時に10年後は自分のビルを建てサロンをつくる!と決めて目標が叶った自社ビルなのです。強い想いは実現する!素敵ですね。